ベロンドラーデは、19の区画に分かれた30へクターの自社ブドウ畑を所有しています。そこでそれぞれの土壌や方角、接ぎ木とクローンにより大変異なるモストを作り上げています。

土地の土壌構成は、約10から60センチの丸石の層、粘土質の層、深い石灰質の層です。しかし様々な区画で丸石、場所によっては砂や粘土も見られます。それらがモストやワインに異なる特徴を与えています。

植栽密度は1へクタールあたり1100から3300本で、平均30から35ヘクトリットルの生産量となっています。100%自社のブドウ畑で、ベロンドラーデ・イ・リュルートンには平均30年ほどの畑を、ベロンドラーデ・キンターナ・アポロニアには8年の畑を使用しています。

遅霜とあられの大きなリスクがあるため、比較的長い剪定を行います。空気が流れるように葉の剪定をし、まだ完全に熟成しないうちに収穫します。生産量のコントロールが必要な場合に行います。始めからぶどう畑は常に同じ方法で整えており、今日有機証明も得ています。

畑は750メートルのところにあり、年間平均300~350ミリの降水量があります。大陸性気候で、冬は長く寒く、夏は短く暑く、昼夜の気温差が激しいのが特徴です。

地図をPDFでダウンロードする